チェストボイス

皆さん、カラオケなどで歌うときに「チェストボイス」を意識したことありますか?

歌っていてどうも声がフワフワするとお悩みの方は、このチェストボイス練習をしてみることをおすすめします。

チェストボイスがしっかりしていると、声が安定して声量が増し、聴く人の心にも響きやすくなるんですね。

以下では、しっかりしたチェストボイスが出せるようになるための具体的な方法を解説していきます。

チェストボイスの意味とは?まずはメカニズムを理解しておこう!

チェストボイスとはどんな声なのか、ズバリ、地声のことです。

地声って聞いたことありますか?

いわゆるおしゃべりをしている時の声をいうんです。

チェストボイスを知るには、他のボイスと比較することでわかりやすくなります。

私たちは、声帯を震わせて声を出しています。

この声帯、呼吸をしている時は開いていて、声を発すると閉じるんです。

まずはこの基本を覚えておいてください。

一番良いのは、病院で自分の声帯を見るとよりわかりやすいのです。

でもなかなか難しいことですので、YouTube等を見てみると、具体的に理解できるでしょう。

チェストボイスと他のボイスとの違い

チェストボイスと真逆の声は、高音の裏声です。

実は高音の裏声は、この声帯がメインで声が出ているわけではないんです。

声帯の上にある仮声帯と呼ばれる体のパーツが深くかかわっています。

この仮声帯がほとんど閉じていない時は高音の裏声が、逆にしっかり閉じているとチェストボイスが出ます。

私は病院で、カメラを使って声帯をみてもらったことがあるんですが、私は閉じにくい方だとお医者さんに言われました。

なので初めの頃はチェストボイスがフワフワしていたんですね。

ヘッドボイスとの違い

チェストボイス以外の声で、ヘッドボイスという声があります。

どう違うかといいますと、声の響きを集める場所が違うんです。

チェストボイスは鼻腔共鳴ともいうんですが、鼻のすぐ下を意識して、そこに響きを集める発声です。

一方ヘッドボイスは頭声ともいい、眉間あたりを意識して、頭部がよく響く発声なんですね。

私はこのヘッドボイスの方がチェストボイスよりも出しやすいんですが、自分のもっている声帯の性質によるものなんですよ。

ミックスボイスとの違い

ミックスボイスは、裏声とチェストボイスを組み合わせた声のことです。

ミックスボイスは先ほど出てきた、仮声帯の微妙なコントロールで出るようになります。

チェストボイスと比べると、仮声帯の閉じ具合が軽いのが特徴です。

チェストボイスの出し方(鍛え方)・練習法

チェストボイスの練習方法・鍛え方


  • ①口を大きく開けて「カッ」と短く言います
  • ②今度は声を出さずに「カッ」と言います
  • ③舌が動かなくなるまで声を出さない「カッ」の練習をします

この方法は私の歌の先生が考案した方法です(これをすると声帯が元気になるんだとおっしゃっていました!)

チェストボイスは一見すると簡単にできると思いがちです。

でもより磨き上げることで、さらに表情豊かなチェストボイスができるんです!

ぜひトライしてみてください。

チェストボイスを出すには声帯閉鎖・発声練習が重要です。

チェストボイスは声帯が閉じた状態の時に出る声です。

ですのでチェストボイスの練習には、まず声帯閉鎖の方法を覚えてください。

コツを覚えれば簡単にできます。

チェストボイスを出すための発声練習

次に具体的な発声の練習法です。

チェストボイスを出すための発声練習


  • ①女性は真ん中の「ド」、男性は1オクターブ下の「ド」の音から始めます
  • 「ドレドレドー」のフレーズを「イ」でなめらかに歌います
  • ③同じように「レミレミレー」、「ミファミファミー」と続けて「ソラソラソー」までやります
  • ④今度は「ソラソラソー」のフレーズから始め、「ファソファソファー」と下がっていき、最初の「ドレドレドー」までやります

この練習はどのような意味があるか説明します。

まず日本人の平均的なチェストボイスの高さが、この練習の音域にあたるんです。

女性は真ん中のドからラのあたり、男性はその1オクターブ下なんですね。

そして、「イ」で発声する理由は、一番声帯が閉じやすいからなんですよ。

私は歌う前にこれを必ずします。

そうすると声の鳴りがぜんぜん違ってくるんです!

チェストボイスを鍛えるのにおすすめの練習曲

この3曲は、カラオケをする前の発声練習と思って、一番最初に歌ってください。

チェストボイスを鍛えるのにおすすめの練習曲


  • ①ふるさと
  • ②3月9日
  • ③ LOVE LOVE LOVE

こちらは比較的チェストボイスの音域にピタッとはまりやすい曲になっています。

この中からできそうな1曲を選んで歌ってくださいね。

まとめ

チェストボイスを出すためには、メカニズムを知ることとしっかり練習することが大切です。

チェストボイスを身につければ、実に多くの歌が歌えるようになりますよ。

ぜひ皆さんも魅惑的なチェストボイスを手にいれましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です